毛深いって悲しい

私は毛深いです。昔も今もホルモンのバランスなのでしょうか?

ティーンの頃から、毛深いのを気にしていましたが、当時はわき用電気シェーバーはありましたが、サラシェなどの脱毛器具は、まだ販売されていなかったような気がします。

たとえあったとしても、片田舎(愛知県の田舎の方です。。)のブスな女の子がお小遣いで買える、または親にねだれるような物ではなかったです。

脱色がほとんどでしたが、脱色をするとなぜか無駄毛が伸びて2センチくらいになるため、複雑な気持ちによくなりました。

剃るとおじさんの髭状になるため、ブスでも乙女心で悩んでいたのです。

学生時代からはナチュラルベージュのパンティストッキングを履くようになったため、どんなに脱色しても、長い無駄毛が波打ってストッキングから透ける様は興ざめでした。

会社勤めをし始めると、通勤上、夏は手足だけではなく両脇も気になりだしました。 半そでで電車のつり革をつかむと脇が見えてしまうkとが多いからです。

日常の動きでは、つり革以外でもそういうシーンは多いため、しょっちゅう剃ったり脱色して面倒だなと思っていました。

エステサロンなどで行うレーザー脱毛は、2~3年で元に戻ってしまうと聞いていたため、保険適応外の医療にあたる永久脱毛の雑誌の特集等を読んでは、痛そうなうえお金がかかるのでとてもふみきれませんでした。

サラシェを購入してからも、脱毛の間隔はあいたものの、それなりに時間をとられるため、忙しい時期は面倒というかストレスに感じました。

サラシェも最近の物は良くできていて、10年前に比べれば格段に素早く痛くなく脱毛できるので、ストレスは減ったとは思います。

永遠に生えてこなければその方が楽だと思っています。

同じ西洋人でも、アメリカ人とヨーロッパ人(例えばフランス人)の脱毛に関するとらえ方は違うようで、アメリカ人は、両脇・両手足などの脱毛は、エチケットとしてかなりしっかりやってしまうと聞いたことがあります。

一方でヨーロッパ人の方は、無頓着とも。

アメリカ人の無駄なものに対する合理的な考え方は、脱毛によくあらわれているのかも知れません。 私もアメリカの文化に影響されて育っているせいか、かなり無駄毛はいらん!と思う方です。

最近は、昔と比べて脱毛の費用も安くなってきているとの事なので、思い切って脱毛しようか検討中です。

※参考サイト…豊田市で脱毛するなら?全身・脇脱毛が安いおすすめサロン情報

ムダ毛の無い、ツルツルの肌に憧れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です